ノルマ未達でボーナス無し?それでもおせちは準備しなきゃ!

仕事はブラック企業で営業しています。え?それじゃあわからない?投資用マンションの営業です。担当者がどこからともなく買ってきた名簿に片っ端から電話していきます。名簿は実はたくさんあります。カモのリストっていうんですかね。つぶれちゃった不動産会社のマンション説明会の来場者リストとか、代理店制をとってて、親会社はちゃんと存属してるのに代理店がつぶれちゃっているケース。いまさら流行らないリゾートの区分所有(リゾート・トラス○)とか名簿流出しまくりなのです。で、電話かけまくってますが、まあ、誰も買ってくれません。千に一つどころか万に一つもないんじゃないだろうか?もちろん、3ヶ月でやめる新卒には研修と称してターミナル駅で「名刺交換」させて新規の見込み客のリスト取りをさせてます。トークにも流行があって「所得税、はらいすぎじゃないですか?計算させてもらえませんか?」的なのでいったことあったけど、本当の高額所得リーマンはブラック企業のしがないゾンビ社員よりはるかに詳しくて、まあ、返り討ちにあいます。

で、そんなこんなで、今年の成績はいろいろ週刊誌にかかれたこともあり、(中国人が買いから売りに)、まあ、まったく売れてません。ボーナス、でないでしょう。正直、11月のお給料が遅配したら年、越せないんじゃないかな?会社。もし、11月分の給料が遅配したら、その時点で、出社やめて、年内になんでもいいから別の仕事さがそうと決意しています。それでも新卒に内定だしているんだから本当に悪質だよね。

 

で、今年は多分、無職で年越しとなりそう。ここは悲観じゃなく。開きなおりでいこうと思っています。世間の正月休みも長そうで世間体も気にする必要ないし。そもそも、こんなこともあろうかと資金的にもちょっと余裕があるんですね。で、こんなときだから、実家でゆっくりしようかと。で、今年はおせち料理を通販でたのんで、家族みんなでたのしむのもいいなあと思って、ネットの通販おせちを購入することを決意しました。

で、いろいろ検索してみると去年の情報だしているサイトが半分くらいかなあ。まだまだおせちの申し込みには早すぎたかな?なんておもっていたら、面白いサイト見つけました。1万円以下でかえるお節の紹介しているサイトです。で、そのサイトをみていたら、おせちをはじめての通販で買う人にもいろいろあるらしいですね。ちょっと面白かったのは1万円程度でかえるおせちだとどうしても用途が限定される、というか、豪華なおせちは期待できないんですよね。1万5千円だせばぜんぜんちがってくるみたいですが。で、1万円のおせちでしらべてみると高齢者夫婦用とか、小さなお子さんと二人で楽しむ、母子家庭用(とはどこにもかいてありませんが、まあ、内容的にはそうなる)とか、揚げ物、マヨネーズ系、肉系大好き小学生高学年から中学生の男子用とか、それから、発想の逆転というか、通販のお節って重箱にはいっている、想像すると思うんですが、ばらばらの単品セットで重箱は無し。ボックス入りでお餅まではいっているセットとか。ブラック企業でマーケティングだけは得意になりましたから、マーケティング、つまり売込みの観点からみると紀文のおせちは重箱入りの通販から、ボックス入りのセットまで1万円の予算内でなんとしても済ませたい層むけにいい仕事しているなあって思いました。

 

で、私もいくら失業にそなえて貯金してあるとは言え、贅沢はできません。1万円程度のお節を早割りを駆使してさらにお得に、買うことにしました。博多久松の15,800円のおせちをポチッとしました。博多久松は「監修」じゃあなくて自社工場でつくってお届けらしいので、コンビニのクソおせちとはぜんぜん違います。去年は会社でコンビニのクソお節を仲間内で折半して買いました。まずかった。おつまみとしては味が薄く。食事としてみるなら、量が少なすぎ。えびとか加羅むくのが逆にイラッときました。みなさんもよ~く考えて選んでみてね。別のサイトに書いてあったけど今年はみんな「長い正月休み=実家帰省=お土産に通販おせち=売り切れ続出の可能性高し」ということになるかも、だって。アベノミクスの負の側面は株価的にはまだ、ないけど、たしかに今年の正月は贅沢は控えて、いや、するんだけど、ハワイとかじゃなくもっと質重視にまわりそうな気がする。